ファイナンシャルプランナーの資格は3つの勉強スタイルで取得可能

基礎を優先して勉強する

ファイナンシャルプランナーの基礎は多く、数字も関わってくるため、勉強に苦労してしまいます。それらを応用する必要もあるため、基礎は重要だと言えます。そのため、優先すべきは基礎力向上なので、先に基礎を仕上げるように勉強を進めると良いでしょう。確認問題等は触れず、覚えることにのみ集中することで、その後の勉強をスムーズにすることができます。特に覚える必要があるのが数字を使う『公式』であり、その使い方も覚える必要があります。使い分けられるよう先に公式を覚えましょう。

計算はまず自分で取り組む

ファイナンシャルプランナーの計算問題は、電卓を使うことが許されているので比較的楽に解くことができます。ですが、勉強している段階では電卓を使わない方が良いでしょう。その理由は、公式を確実に覚えるためであり、何度も計算式を書くことで覚えられます。公式に数字を代入する方法も学ぶことができるので、電卓は過去問や模擬試験でのみ使うようにしましょう。電卓の使い方も学ぶ必要があるので、勉強の途中で取り組むようにする必要があります。

必ず過去問を取り組もう

仕上げとして、本番に向けて過去問に触れなければなりません。過去問は、本番の問題形式や出題のされ方を知ることができる道具です。取り組むことで、本番どう問題を解けば良いのか、何を勉強すれば良いかを確認することもできるので、本番までに取り組むことがが必須と言えます。過去問はインターネットを検索することで見つけられ、印刷すれば用意できます。数年分取り組むことで十分な実力を付けることができるので、参考書以外の勉強アイテムとして活用しましょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を利用することで、保険商品や年金、社会保険に関する専門的な知識を得ることができます。