勝利のためにこれだけは抑えておこう!信用取引の基礎知識

そもそも信用取引って何?

信用取引は、担保価値がある資産を証券会社に差し出すことで行える取引のことです。担保は主に現金や株式ですが、信用のある国債なども認められています。信用取引の特徴のひとつが、レバレッジを効かせた信用買いが可能なことです。その証券会社の委託保証率により多少の違いはありますが、担保が40万円なら最大約120万円の銘柄を購入出来ます。もうひとつの特徴は、空売りと呼ばれる取引が可能なことです。現在の価格で借りた株を売却して買い戻すことで、下落相場でも差益を狙えるようになります。このように信用取引を利用することで相場に対する応用力が格段に上がるので、高度なトレード技術を養うことも容易でしょう。

とにかく徹底したいリスク管理

現金取引で購入した株式の額面が、自分の思惑に反して大きく下げてしまった場合、塩漬けという形で何年も放置できます。ですが信用取引においては、そのようなことは出来ません。何故なら信用取引で証券会社から借りた株は、売り買いいずれにおいても一定期間以内に返さなければならないからです。もうひとつ気を付けたいことが追証の存在です。担保となる株式の額面が委託保証率を下回った際に求められる追加担保のことを言いますが、これを期日までに差し出せないと強制的に決済されてしまいます。このふたつの注意点を常に意識し、リスク管理を徹底することが勝利への近道だと言えるでしょう。

信用取引は2種類存在します

信用取引は一般と制度の2種類存在します。一般信用取引は古くから存在しているタイプで、借りた株の返済期限は証券会社によって大きな差があります。もうひとつは、2013年の規制緩和をきっかけにスタートした比較的新しいタイプです。1日に何度も売買出来る為、その金利の安さも相まってデイトレードを行う個人が劇的に増え、近年の株式市場活況に大きく寄与しました。いずれにせよ従来の一般タイプは主に機関投資家向けのものなので、個人が利用するのであれば基本的に制度信用取引の方が有利であることに間違いないでしょう。

信用取引の一番の魅力は、自己資金の3倍までのトレードが可能という点です。大きな損失が出る恐れはありますが、トレンドが分かりやすい時に利用することで、効率良く利益を生むことが可能です。